HOME > 作品紹介 > Commerce&Development > New Atmosphere いとう歯科医院リニューアル

作品紹介

Commerce&Development ~繁栄の願いを込めたテナント・マンション

New Atmosphere いとう歯科医院リニューアル

静岡市清水区
[地上3階 1階リニューアル]
敷地面積 170.00 m²
延床面積 285.90 m²
[1F] 95.30 m²
[2F] 95.30 m²
[3F] 95.30 m²
竣工年月 2013年5月
設計者 久保田正一建築研究所
(Integrated Network kc2)
機能・デザイン~社会のニーズとともに

コンセプト
1997年の開業以来、地域の方に親しまれている「いとう歯科医院」・・・16年の歳月を経ての初リニューアルである。2010年 院長からリニューアルの相談を受けて3年間、じっくり議論を重ね、機能・デザインを洗練させていった。大きな変更点は診療ユニットを既存の3台から4台に増設したことだ。これにより、バックヤード、収納スペース、休憩室などを より機能的なものとすることが毎回のミーティングの論点となった。また、ニーズの変化もあわせて議論された。明るさ・プライヴァシー・清潔感・情報化など、求められる「魅力的なクリニック像」は、開業当初とは大きく変化している。今までの実績とともに新たなる提示・・・このバランスをもったコーディネートが我々に求められた。

適切な工程・的確なコーディネート

工事にあたっては、休診日数を極力短くしたいという理由からゴールデンウィークをはさんでの2週間と定められた。リニューアルの場合、どれだけ解体作業を手際よく進めるかによって、その後の工程が決まる。何にもましてスタートが肝心である。また住宅地が建ち並ぶ地域での工事ということで、作業時間帯は一般住宅と同じく日中の工事とした。あとは流れを作ること・・・変更する間仕切り壁の施工、設備関連の配管(給排水・電気・空調・ガス)から内装工事、そして家具・什器のレイアウト、医療機器の設置と進んでいった。

色彩は暖色系ホワイトとブラウンをベースとし、そこに医院のメインカラーであるネイビーブルーを印象的に使用している。外部サインも同じカラーテイストを保ちつつ、その年の暮れに設置された。

今までに比して落ち着きを増した「いとう歯科医院」・・・「あなたのお口の生涯の主治医でありたい」という院長氏の言葉が印象に残るプロジェクトであった。

いとう歯科医院:http://www.itodentalclinic.com/