• 久保田建設

水まわり床材 セレクト

床材は、繊維系床材、ビニル系床材、一般的にフローリングと言われる木質系床材、コルクタイルや天然素材など、色・柄だけでなく、素材も豊富にあります。

それぞれの特徴をふまえ、快適性、機能性、デザイン性そしてお手入れ方法など用途に合わせてセレクトするといいかもしれませんね・・・


隣り合う部屋の床材の色を考慮すると、空間全体の統一感が高まると思います。


今回、濡れやすい洗面所やトイレには、メンテナンス性や機能性も考慮して、ビニル系の素材を選びました。


サンゲツ フロアタイルGT-719T とうタイル 市松貼り

https://www.sangetsu.co.jp/


デザイン住宅 セレクト 一級建築士事務所
濡れやすい場所にビニル系フロアタイル

特長は5つ・・・

1.滑りにくさ、触れた時の感触、心地よいクッション性など安心です


2.発泡層がサンドしてあるため、断熱性、遮音性、歩行感にも優れてます。


3.水拭きもできるのでお掃除が簡単です。


4.表層に練りこんだ消臭剤が化学反応で臭気ガスを吸着して消臭します


5.雑菌の繁殖を抑える抗菌仕様にもなっています。


最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

基礎工事