• 久保田建設

イメージを共有する~スタディ模型

ひとつの建物を設計する際に、作られる模型。


どんな形で、どんな外観になるかのイメージを伝える他、土地の高低や道路などの周辺環境を視覚的に検討したり、建物の使い方を示したりと、その目的は多岐にわたります。


設計は、何十回にも及ぶ試行錯誤があって生まれるため、そのシミュレーションとして制作するのがスタディ模型です。建築家の頭の中のプロセスを見ることができる貴重な材料です。



頭の中で考えていた空間を実際に作ることで、イメージを共有し、チェックして内容を確認しながら設計をすすめてゆきます。ゆえに、あえて「作りこまない」「表現しすぎない」状態での提示をこころがけるのです。

大規模開発や、公共事業など大掛りな建設では頻繁にスタディ模型を製作しています。


注文住宅などでは模型を使った検証ではCGに比べ 具体性が高いため重要な個所は模型をつくります。


アイディアを形にする作業が容易に行える最適な素材と思います。


最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

久保田建設株式会社/久保田建設一級建築士事務所
〒422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷1455-5
tel: 054-237-5166 fax: 054-237-8305
お気軽に御相談ください
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter