• 久保田建設

建築物視察会

先日、会社スタッフと協力業者有志メンバーと共に、御殿場にある「吉田五十八による近代数寄屋建築 東山旧岸邸」を視察しました。



東山旧岸邸は、首相を務めた岸信介の自邸として1969(昭和44)年に建てられたものです。


建築家・吉田五十八は、東京美術学校(現・東京藝術大学)卒業後の1925(大正14)年に、当時あこがれていたヨーロッパを訪れました。

その土地の伝統や民族に根ざした建築である初期ルネッサンス建築や、中世ゴシック建築などに魅了され、帰国後は、日本建築の伝統的な様式のなかで、比較的新しい数寄屋建築を、独自の視点によって近代化した近代数寄屋建築を提案するようになりました。


洋風の生活スタイルが導入されつつあった当時の日本において、伝統的ながらもモダンさをうまく取り入れていたことが高く評価され、その後多くの設計を依頼されるようになった吉田は、日本建築の新たなスタイルを提案したことにより、建築家として史上二人目の文化勲章を受章しています。



当日は雨の中の見学でしたが、建築も風景も素晴らしかったです。


東山旧岸邸 https://www.kyu-kishitei.jp/


最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

模型作り