• 久保田建設

富士ヒノキの繊細な壁面

更新日:2019年7月5日

日本の誇りであり、日本人の心のふるさとである富士山。その富士山が世界文化遺産に登録されてから4年半がたちました。


今回、富士宮市の富士山本宮浅間大社の鳥居に寄せて建てられた「静岡県富士山世界遺産センター」を見学しました。

センターのフォルムは、富士ヒノキを繊細に組み上げた壁面をもち、逆円錐形の姿が池に映ると「富士山」になる、またとない華麗さが印象的でした。



館内の展示は、富士山について更に深く究めるとともに、その美と伝統を伝え、秀麗な姿と比類のない文化的価値を伝える施設です。


静岡県富士山世界遺産センターは、世界遺産を「保護し、保存し、整備し及び将来の世代へ伝えることを確保する」拠点施設であり、学術調査機能などを併せ持つ施設でもあります。


最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

模型作り