<芒種>植物と虫たちの愉しみ

こんにちは


6月 芒種(ぼうしゅ)を迎えました。



芒種とは稲や麦など穂の出る植物の種を蒔く時期です。


芒は「のぎ」と読み、稲の穂先にある針のような突起の事を言います。


この頃から雨が増え、「関東・東海エリアが梅雨入りを迎え・・・」というニュースを耳にするようになります。


昨今、「昔とは気候が変わってきて・・・」というニュースを聞くことが多いですが、様相としては、この24節気に沿っているように思えます。それがわかるのも、このブログを書いているからこそ ですね。



さらに掘り下げ、「72候」では


■蟷螂生 かまきりしょうず

 ↓

■腐草為螢 くされたるくさほたるとなる

 ↓

■梅子黄 うめのみきばむ


と進みます。


たしかに庭にカマキリが登場しましたし、もうすぐホタルを見たくなる時期でもあります。


庭の白梅についた実も徐々に黄味を帯び始めています。


昼夜の寒暖差、降雨による湿気・・・室内環境もめまぐるしく変わる今日この頃・・・除湿器とエアコンを併用して「寒すぎない適湿環境」を作りたいですね。


部屋にある観葉植物にも気を配りつつ ・・・愉しく健康に過ごしましょう。




【建物情報】近々、今月完成する住宅を御案内いたします。


ただ、見学会への申込は既に予約完了とさせていただいております(すみません)。

建物の様子は、コチラのwebsiteで御案内させていただきます。

楽しみにお待ちください。



次回は 夏至・・・24節気も半ばまでやってきました。



最後までお読みいただきありがとうございました。

(久保田 正一)

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示