top of page

音羽歯科クリニック デザイン展開

更新日:2023年5月10日

2023年2月 音羽歯科クリニック新院がオープンしました。


音羽歯科クリニックは、静岡鉄道 音羽町駅エリアで ながらく診療を行っています。


2021年12月 本院 南 音羽町駅に隣接する敷地に新院を建てたいという依頼を受け、設計を進めることとなりました。


道路と鉄道に囲まれたこの計画地は様々な条件をクリアする必要がありました。法規制、車道や鉄道への配慮、治療に訪れる方々とクリニック・スタッフが使いやすいような工事計画・・・いつも以上に慎重を期して事を進めてゆきました。


やさしさのある診療を大切にする音羽歯科クリニックに「さらなる魅力と美しさ」を加えるため、数々のアイデアを盛り込んでいます。今回は、このイメージをCGにて御紹介します。


外観はモダンなグレイッシュ・ウォールを基調としています。そのうえで、駅のホームからの印象を大切にするべく南壁面に クリニックのロゴマークと流れる星を散りばめたパネル(アーキスキン)を設置しました。バックライト装備にて昼夜の景を愉しむことができます。





内観はリニアな空間に間接照明を設置しています。1階は「ブラボー・マット」のあるキッズ・スペースを中心に、カラフルなユニット・ルームが並びます。ブラジル、フランス、ドイツの国旗カラーをオマージュとした空間構成は、子どもたちだけでなく皆に親しみを与えるものとなっています。






2階は落ち着いた空間が並びます。廊下、診察室、オペ室をホワイト、グレー、ベージュをベースとしながら、少しずつ変化を加えています。グリーンやアートパネルとの相性も良いです。現在、歯科クリニックのインテリアデザインは一般的な医院よりもヘアサロンやエステティックサロンに近づいています。ユーザーのニーズが「自分を整えたい」という心理がベースにあるのでしょう。また、空間の主役はユニット(診察用チェア)ということもあり、それゆえ われわれ設計者も床・壁・天井と照明デザインのテイストを寄せています。居心地のよさが伝わります。



2月2日 写真撮影をおこないました。

こちらの様子は「施工事例」にて紹介させていただきます。

しばしお待ちください。



■音羽歯科クリニック


■鳥居透視図(CGデザイン)


(久保田 正一)

閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示

質感

Comments


bottom of page