top of page

質感

最近、室内壁にタイルを使いたいという御要望が増えています。


色・模様だけではなく「質感」を愉しみたい・・・


そのような時、タイルはベスト・セレクションとなります。



同じ釉薬が使われていますが、原版表面は全て違う表情をもっています。


スタイリッシュでありながら「図面どおり」という指示ができないパートです。


ゆえに、設計者・施工者 同席のうえ工事をおこないました。


関係者全員がデザインセンスを共有していないと うまくゆかない仕事です。


「このタイルはココ、次のタイルはココ」・・・


手間がかかりますが、ひとつひとつの指示に意味を感じながら工事が進みます。


もちろん照明配線取り出し、タイル目地割付などの事前準備を経て・・・



このタイル壁は久保田建設オフィス2階にあります。


いつでもご覧いただけますので、お気軽にお声かけください。





最後までお読みいただき、ありがとうございました。


(久保田 正一)



閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024 新春

Comments


bottom of page