~空間の効率的再配分~
家族構成の変化に対応
使わない部屋

鉄骨住宅のリフォーム工事・・・クライアントから寄せられた最大の希望は「家族構成の変化に伴うスペースの効率的再配分」であった。ご一家は3世代同居。そのライフサイクルは早く、6年・3年・3年と時が過ぎ、気づいた時には子供たちは巣立ち、勉強部屋は残されたままになっていた。このスペースをいかにリノベートするか・・・それが今回のリフォームのテーマである。

オープンなアイランドキッチン

キッチンは南向き・・・毎日、海を眺めながらの作業は心地よいものである。カウンタートップは陶板製・・・熱や衝撃、汚れにも強いキッチンが選ばれている。アイランドキッチンの特徴である「自由な動線の確保」によって、どこからも使い勝手のよい場として生まれ変わった。

家族のため、未来のため

1階は両親のスペースとして既にリフォームが完了している。そこにはキッチン、浴室、トイレが設けられている。玄関は1階と2階にあって独立した構成であるとともに、内外2つの階段の存在によって連携=有機的な動線=は、しっかりと確保されている。今回は2階と3階の計画・・・夫婦と子供(1名)の計画である。それにしても広い・・・それもそのはず、かつて5人で生活していた場所を3人で使用するからである。おのずと「ゆとり」が生まれ、魅力的な空間展開へと発展した。まず、キッチンを南西側に移動した。今まで北側にあって光の当たらなかった空間が、明るく大きなLDKスペースとなって再生したのである。これにより4つあった寝室が1室の広い空間となり、また洗面空間など各エレメントにもスペースが分配されることとなった。

書斎空間

3階の1室は御主人専用のオーディオ・リスニング・ルームとしてリノベートされた。最近、男性からの「書斎待望論」を聞くことが多い。趣味の多様性からの要請であろうか。女性はキッチン、男性は書斎・・・新たなニーズが生まれつつあるのだろう。その他の部屋は、広い寝室+ウォークインクローゼットとして再生された。すべてにおいて、ゆとりのあるリフォーム・プロジェクトである。

スタイリッシュな洗面スペース

ホールに配された洗面スペースはオーバーカウンター形式のスクエアな製品がセレクトされている。やわらかな光沢を放つガラスモザイクタイルを使用することで、スタイリッシュな空間が演出されている・・・エグゼクティブ ホテルのような。

もっと見る
久保田建設株式会社/久保田建設一級建築士事務所
〒422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷1455-5
 tel: 054-237-5166 fax: 054-237-8305
静岡市の一級建築士・工務店 久保田建設
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter