03-top02.jpg
極上のランドスケープを望む
White Box

日本平へと続く静かな谷あいに浮かび上がる白いコンクリートの住宅。突き出した外壁には印象的な8つのヴォイドが構成主義的なバランスをモチーフに配置されている。コンセプトは「土地と郊外の狭間にあるべき建築を創出」。風致地区という限られた建築条件の中、東に広がる牧歌的な景観を最大限に活かしている。1階において外部からフラットにエントリーすることでパブリックな側面を呈する一方、中2階は和モダンテイストを示すニュースタイルの茶室、2階は眺望のよいダイニングスペースが広がる。また、半地下スペースにはサウンドスタジオを設置。防音への配慮もなされている。

象徴的な中央壁

ホール中央には、この建物の構造をつかさどるコンクリートの厚壁が三層にわたって伸びる。杉の木肌を見せる打ち放しの姿が美しい。寄り添うように鉄と木で構成された階段が規律正しく配置され、そこから続く全てのスペースが立体的に連携し、それぞれの個性を示している。

豊かな環境を巧みに享受

周囲の視線に最大限の配慮をし、あえて2階南面に窓を設けない設計となっている。これは、中央ライトコートの効果を存分に体感するために考慮されたものである。十分な光と風に包まれ、鳥のさえずりも日々心地よく響き渡り、朝の目覚めも夜の眠りも快適な空間に仕上がっている。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom