• 久保田建設

ヒノキの丸太~大黒柱

このプロジェクト・・・最近の新築住宅では珍しいヒノキ丸太の大黒柱を使います。


日本において多くの木造古建築が今なお現存している事実は、建材としてのヒノキの実力を雄弁に物語っています。

宮大工にとって、木といえばヒノキ・・・


緻密で狂いが少なく、群を抜く強度・耐久性を持ち、しかも木目も美しく芳香も豊かです。

太古より神社仏閣には欠かせない建材とされてきたヒノキは、まさに「神の木」

ヒノキこそ「ほんとうの木」の頂点に立つものといえます。



また、ヒノキは厳しい環境の中で生き延びてきた木・・・まさに「木の王様」

曲げ強度や圧縮など、ヒノキの強度を調べると、伐採直後から強度が増し、約200年後にピークを迎えるそうです。そして、1200年を経過しても伐採直後の強度を維持するといわれています。


また、その質感によって、居住スペースに高級感と洗練された雰囲気を醸し出すことができる素晴らしい材料でもあるのです。


最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

22回の閲覧
久保田建設株式会社/久保田建設一級建築士事務所
〒422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷1455-5
tel: 054-237-5166 fax: 054-237-8305
お気軽に御相談ください
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter