スクリーンショット 2021-08-09 16.39.07.png

「しあわせなトキ」をカタチにする
 

Case 1

女性の日常をとりもどす

​乳がん回復期を支える

アピアランスケアサロン

癒しの空間で

​「もう一度心から笑いたい」を叶える

_58A4615.jpg

静岡市葵区安東に佇む

上質でやさしいひととき

Girouette

〜ジルエット〜

乳がん手術・治療を経て

通常の生活へと戻る女性たちが

安心してお出かけできる空間でありたい

​そんな想いをカタチにしました


植物の癒し効果を感じて頂くために

で育てたハーブティーでおもてなし

季節の移ろいを味わいながら

穏やかな時間が流れる場所です

_58A4759.jpg

多くの方が、ケア用品を購入するために

病院に通わなければなりませんでした

回復期にあるけれど、まるで「病人」かのようで

気持ちが落ち込んでしまう・・・

カフェに立ち寄るように

もっと気軽にケア用品を選びたい

そんな女性を応援するサロンです

 

このようなお悩みに寄り添います

  • 闘病中も気軽にお出かけしたい

  • 病院以外の場所でケア用品を選びたい

  • ウィッグでも髪型を楽しみたい

  • ​癒されながら免疫力を高めたい

002.jpg
スクリーンショット 2021-08-10 11.13.41.png

1 Grounding

住宅街の中で

​大地のエネルギーを感じる

_58A4718.jpg

2 Healing

日常を過ごすという

​究極の癒し

_58A4796.jpg

3 Beauty

どんな時も美しくを

叶える

きっかけは友人の乳がん経験でした

術後に身につける胸帯のカバー作成を

頼まれたことがきっかけとなり、

医療美容の必要性を知りました。

闘病中は家に閉じこもりがちに。

​そんな方に、ぜひ「安心してお出かけできる場所」を

作りたいと考えました。

植物と触れあい癒されてほしい

なにより大切にしたのは

心がフワッと軽くなるような居心地の良さです。

お庭と建物が調和した空間で

​開放感を味わって頂きたいと思います。

Appearance care salon

Girouette

代表 河合 のぶ子 様

​認定医療美容師

この空間に自分自身が
一番癒やされているのかもしれません

ここは、お客様のパワーで満ち溢れた空間だと感じます。

​お客様を施術しながら、

庭の緑を一緒に眺めることが私の幸せです。

Case 2

雨の日にもワクワク

100年続く老舗

​レイングッズのセレクトショップ

愛着をもって

​末長く使い続けられる雨具と出会える

 
_58A0155.jpg

静岡市葵区車町

雨の日に彩りをそえる

Party rain +

​〜パーティーレイン〜

光が差し込む明るい空間で

雨の日が待ち遠しくなるような1本を

じっくり選んでほしい

まるで屋外のような

解放的な吹き抜けにこだわりました

専門店ならではの豊富な品揃えに

心も躍ります

商品を手に取りやすい

魅力的な展示スペースは

​狭小細長の建物だからこそ実現できました

「今日は雨か・・・」

気持ちが落ち込みがちな雨の日も

お気に入りのアイテムを身に付けられる

特別な日にして頂きたい

コロナ対策の影響で

自転車通勤に切り替えた方の来店が増えています

実用的だけどおしゃれ

そんな雨具がを取り揃えてお待ちしています

こんな方におすすめのお店です

  • 長く使い続けられるお気に入りの傘が欲しい

  • 自分にぴったりの雨具を探している

  • 試着しながらじっくり選びたい

  • made in 静岡のオリジナル商品を探している

023.jpg
025.jpg

1 historical

雨具専門店として

​100年の歴史を大切に

018.jpg

2 change

時代に合わせて

​変化するという選択

スクリーンショット 2021-08-10 15.04.34.png

3 Happy

大好きなものに囲まれる

​夢を実現

Party rain +

谷口 彩 様

大好きな傘に囲まれてお仕事がしたい

少し憂鬱になりがちな雨の日も

お気に入りの傘をひらけば

心に花が咲くような彩りが広がります。

「どんなお天気でも楽しんで頂きたい」

という想いを込めて

雨具を選ぶお手伝いをしています。

ワクワクするような演出を大切に

ストリートでウィンドウショッピングするように

雨具を選んでほしい。

お気に入りの雨具との出会いを楽しんで頂けるよう

​店内のデザインを工夫しました。

時代に合わせて変化しながら
お客様を楽しませたい

100年前から続くこの場所で

いつもお客様を楽しませる存在でいたい。

「どんな商品を見てもらおうかな?」

​ショーウィンドウを入れ替えるときに

​とても幸せを感じます。