耐久性のある建物(通気工法)

外壁通気工法とは

外装材と軸組等の中間に、通気層を設ける工法です。

壁体内湿気を常時放出することで、壁体内の結露を防ぎ乾燥を保ち耐久性を大きく向上させることができます。


また、外壁のすき間等から侵入した雨水を、壁体内に侵入させずに屋外に排出することで、防水性が大きく向上します。

くわえて、通気層による遮熱効果により、外気温の影響を少なくし、省エネになります。


外壁通気工法、長期優良住宅仕様、環境にやさしい
フジカワ通気Wラス

こちらでは富士川建材の「ラスモルⅡノンクラック通気工法」を採用しました。

耐久性の高いラスモルⅡと、耐クラック性能に優れたアリスグラスファイバーネットを使用し、長期優良住宅を実現するモルタル通気工法になります。


ここで、上記の通気工法のメリットとともに、ノンクラック工法のメリット「目地を入れずに施工できる」という意匠上の優位性を示します。


木造住宅においては、地震発生の際に外壁が剥落すると、火災の延焼で損害につながるかもしれません。また大きなひび割れが入ることで美観が損なわれてしまいます。

剥落やひび割れ防止は、重要な性能の一つかもしれませんね。


長期優良住宅仕様、耐久性ある住宅
ラスモルⅡ下塗り

http://www.fujikawakenzai.co.jp/technique/tech02.html


最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

103回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

基礎工事