• 久保田建設

水平面をつくる基礎レベラー

基礎が、耐震性の面で重要だという事はみなさんご存知と思います。

もちろん施工精度を高めることも求められています。

そこで必要なのが、基礎の天端均しです。



基礎の天端均しとは、土台を水平に施工できるように、基礎の立ち上がり部分の上面を整えることを言います。従前は、一般のモルタルにて左官工事として行なわれていましたが、近年ではレベラーを使うことで水平精度が上がっています


今回も、レベラーを採用しています。


圧縮、曲げ、接着強度が高く、耐衝撃性、耐摩耗性にも優れています


最後までお読みいただきありがとうございました(^^♪

32回の閲覧
久保田建設株式会社/久保田建設一級建築士事務所
〒422-8017 静岡県静岡市駿河区大谷1455-5
tel: 054-237-5166 fax: 054-237-8305
お気軽に御相談ください
  • Facebook
  • Instagram
  • Twitter