春一番とともに<雨水>

静岡では数日おきに雨が降っています。

空から降ってくるものが冷たい雪から雨へと変わる頃・・・

24節気では、このポイントを「雨水」と呼びます。

今年の雨水は今日 2月19日です。



朝晩は寒いですが、昼間の空気は心なしか暖かさを感じる今日この頃。本格的な春の訪れは 少し先の話でしょうが、三寒四温を繰り返しながら春に向かっていることを体感します。


ロウバイから紅梅・白梅へ・・・モクレンの花も膨らみ始め、木々の芽吹きも見られます。

太陽黄径330度・・・昔から農耕の準備を始める目安とされてきました。春一番が吹くのもこの頃です。


こう綴ると、筆者世代は「春一番」という曲を思い起こします。穂口雄右 作詞・作曲・編曲の「春一番」・・・水谷公生(Gt.)、武部秀明(Ba.)、田中清司(Dr.)、穂口雄右(key.)、ラリー寿永(per.)というレコーディングスタッフに支えられ、キャンディーズの絶妙のパフォーマンスによって世に送り出されました。その後のコンサートでは、スペクトラムの前身とされるMMP(ミュージック・メイツ・プレイヤーズ)がバックアップメンバーに参加したことも含め「伝説」となっています。



雨水の日に雛人形を飾るとよいと言われる地域もあるようですね。

春を待つ人々が心躍らせる時期です。





最後までお読みいただきありがとうございました。

(久保田 正一)


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示